PC/ソフトウェア

iOS 11.0の画面収録機能

投稿日:

やっぱりiTunesが大っ嫌い!

iOS 11.0が公開されました

ちょっと遅いけど、なにかと便利そうだったのでシステムアップデートを実行です。

過去の経験から大幅にシステムが変わる時は念のためiTunesからアップデートします。

ところが、と・こ・ろ・が!アップデート以前にiTunesがバックアップに失敗します。

「iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhone”~のiPhone”をバックアップできませんでした」

って、まったく意味不明の文言で先に進むことができません。

普通にUSB刺し直してみたり、ケーブルを変えてみたり、iPhoneをどついてみたりしますやん、こんなこと言われりゃ。

でも、原因は全く違うようでした。

【iPhone】iOS 10.3.3でiTunesバックアップが出来ないのは「日本語名のファイル」が原因かも | 楽しくiPhoneライフ!SBAPP

日本語名(2バイト文字)のファイルを削除もしくは1バイト文字のフォルダーに格納することで対処出来たという報告が上がってるようです。

どうもiOS 10.33とiTunesとの不具合のようで、結局私はiPhoneのシステム情報から直接バックアップとアップデートを実行しちゃいました。

もう一度言います、やっぱり私はiTunesが大っ嫌いです。

ごめんねごめんねぇ~、アップルのデバイスは好きなんだけど…

iOS 11.0はどうなのぉ~

初めての起動後の率直な感想は「非常に反応がいい」。

何故か以前よりタッチ操作の反応がよくなりました。(環境・状況によるかも)

iOS 10.33とiTunesではバックアップでの意味不明な不具合がありましたが、iOS 11.0では普通にバックアップは可能でした。

それから、11.0では32ビットアプリは対象外となるそうです。

私の環境ではVML SHOWというHOYAのアプリだけがそれに値するものでした。

テキストを入力すると”もやさま”でおなじみのショウ君の声で読んでくれるという面白アプリです。

画面キャプチャーはおそらく変更されてると思われ。

こんな風にキャプチャーしてすぐにそのキャプチャー画像にいろんな書き込みが可能になってます。

そして、キャプチャーといえば画面のスライドやタップ操作を動画としてキャプチャーできる、画面収録機能というものが盛り込まれてます。

アプリのアイコンは画面の下からスライドすると現れるコントロールパネルにショートカットとして配置できます。

画面収録中はこのアイコンが赤く点滅します。

これはなかなか面白い機能なので、コンパネの設定操作方法をキャプチャーして動画にしてみました。

動画ファイルはMP4として写真アプリ内に格納されます。

しかしなかなか思い通りに動画を作ってくれないきらいもあるようで、妙に時間経過が間延びしたり操作が速すぎたりと、順序立てて画面操作して録画したつもりでもその通りには仕上がりません。

だから上の動画はそのファイルを改めて編集しなおしております。

パラパラ漫画的な動きをMP4に変換するときに、変に間引いたり伸ばしたりしてしまうのかもしれません。

カメラ操作のプレビュー画面までキャプチャーしてしまうところは面白いです。

この機能はiOSの操作説明用に使えそうです。

私としては今回のアップデートは操作が軽くなったことと、このコントロールセンターの使い勝手が良くなったことがかなりの高評価です。

ただしチー充電カバーが何故か機能しなくなりました。

原因は分かりませんが、また追って報告しようと思います。

 

 

musicunlimited

-PC/ソフトウェア
-

Copyright© 半押しカメラマン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.