映画

ダークナイトなイーグルアイアイズ

投稿日:2009年3月9日 更新日:

はぁ~・・・;

仕事に人生にかなり滅入ってます。
非常にダークナイトな生活を払拭すべく、久しぶりに映画(DVD)を見てみました。

レンタル店でまず目を引いたのは”イーグル・アイ”。
スティーブンスピルバーグ製作総指揮ということで見るべしかと。

そして、バットマンシリーズの”ダークナイト”。
一度手にとっては見たものの、返却。
しかし題名が今の自分を物語ってるようで、あえてレンタル。

2本?…いやいや、
この際もう一本借りて連続で3本鑑賞してみようかとB級コーナーをヤケクソで物色。
すると永らくお久な”ジェシカアルバ”のジャケットを発見。
題名は”アイズ”。

へ?いつの間にDVD化!?
ロードショーも知らなかったよ。
というかなんでココのコーナーに置いてあるのよ;
納得いかんけどまあいい、見れればいいや。

で…

■ イーグル・アイ

可能性は無きにしも非ずな監視社会の恐怖を描いています。
なんとなくマイノリティーリポートを思い出しました。
それとターミネーターのサイバーダイン、もしくはアイロボット。
だけどこれら未来社会とは違って本作は現代でも起こりえることを訴えてます。
テンポもよくスピルバーグらしい社会を微妙に皮肉った面白い映画でした。
監督のD.J.カルーソはドラマ”ダークエンジェル”の演出も手がけてるんですね。

■ ダークナイト(DARK KNIGHT)

この題名は暗い夜ではなく、闇の騎士「バットマン」を意味しているのでしょうか。
これまでのバットマンシリーズとは違った切り口の映画ですね。
単純に正義と悪戯の対決ではなく、人が持つ悪と言う部分を追求するような映画です。
バットマンの苦悩する背景に敵対するジョーカーの存在が際立っております。
この映画、どちらかと言うとジョーカーが主役と言っても過言ではないでしょう。
相変わらず卑劣極まりない悪略の限りを尽くす姿に不思議と憎々しさを感じません。
彼の言ってることが正論なのではないかと…
このジョーカー役のヒースレジャー氏はこの映画のクランクアップ後に自宅で急死しました。
精神安定剤や睡眠薬の多量の服用によるものと言われております。
このジョーカーのすばらしい演技を見ると、非常に悔やまれますね。
ご冥福をお祈りします。

ところで、このバットマンシリーズの第一作目とこのダークナイトの予告編がよく似ているとのことで、YOUTUBEに比較動画がアップされてました。

確かによく似てる、意味深。

■ アイズ(ハリウッドリメイク)

元々、香港映画で”the EYE”として作られていたものをトムクルーズがリメイク権を獲得し、ハリウッドにてリメイクされた映画です。
ジェシカアルバ初のスリラーとか言われてますけど、すでにそれっぽい”監禁”と言う映画で演技済みなんですよね。
でも確かに怖かった…。
前半はあの映画、、、うん~なんだったかなぁ、あの、ほれ、あれやん…。
あれあれ、、、そう!”シックスセンス” ←ググりました。(^。^;)

なんで直ぐに思いだせんのやろ(-"-;)

あの映画をイメージして見ていました。
怖いのは最初だけで、スリラーと言うより角膜を移植された女性に起こる怪現象の原因を主人公が追求していくシリアスなドラマです。
ジェシカアルバだからヒイキ目にみているかもしれませんが、非常に面白かったです。
原作の方の”the EYE”をアマゾンでポチろうと思います。

なんだかんだ言って3本立て続けに見て、最終的に一番印象に残ったのは”アイズ”でした。
確かに超大作というわけでもないけど、良い映画だと思います。
「ジャケット」とか「ホテルルワンダ」とかあまりメジャーでもないけど、内容の濃い良い映画って結構あるんですよね。

こういう映画を何故にレンタルショップのメインコーナーに置いてくれないのか。
いつも他のB級と言われる作品と一緒に少数だけ置いてあるのが納得いかない。
経営側から見て最善の方法なのかもしれないけど、せめて数は少なくてもいいからメインコーナーに並べてほしいものです。
しょっちゅうチェックしてるわけじゃないので、良い映画を見逃してしまうのが悔しいのよね。

お願い…m(_ _)m

musicunlimited

-映画
-

Copyright© 半押しカメラマン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.