PC/ソフトウェア

偽アマゾンのアドレスに要注意

投稿日:

スマホのSMSにアマゾンから登録情報更新依頼のメッセージ。

ただし、リンク先アドレスが明らかに危なっかしいドメイン。

【www.amazon.*******.ph】

開いてみると(真似しちゃダメ)↓こんなページ。

「会員情報管理ページで確認」をクリックすると↓。

はい来ました、たまぁーにお買い物する際に見ることがあるログインページにそっくり。

本物のページはこんな感じ↓。

でも【amazon.co.jp】とは書かれてるけど、本当のリンク先は【www.amazon.*******.ph】とかいう明らかに怪しいページ。

利用規約・プライバシー規約・ヘルプ・お困りですか・アカウントを作成、すべて【www.amazon.*******.ph】の奥深くに連れていかれます。

ちなみに上のロゴのリンク先は【www.amazon.*******.ph】のトップページっぽいのでクリックしてみた。

うげっ!

こりゃぁ、だまされる人がいてもおかしくないわ。

しかもすべてのリンク先は【www.amazon.*******.ph】の中。

もうさすがに驚きを通り越して関心さえしてしまう。

そしてよぉーくみると、すでにカートの中に1点の商品が入ってます。

決して真似しちゃダメよって事で、カートを覗いてみます。

「Amazonギフト券 Eメールタイプ」だって、ようわからんけど5万円もします。

ここで信じちゃってる人なら慌てて削除ボタンを押すのかもしれません。

恐らく削除ボタンを押すと例のログイン画面になるのか、もっとややこしいウイルスを仕込まれるのかわかりませんが、さすがにこの削除ボタンだけは押しませんでした。

なぜならリンク先がわからないようになってるから。

ソースを読んでもっと深ぁーく調べればもしかしたらわかるかもしれませんが、そんなどうでもいいスパムのために浪費するのも馬鹿らしいのでもうヤメ。

考察

とにかく言えることはSMSやメールに届く不可解な登録更新のようなリンクは絶対踏まないこと。

そうすると本物のメールも無視してしまうことにもなりかねませんが、怪しいと思ったらとりあえずその文章にあるリンク先を見るべし。

↑こんなのありえませんから。

日本のアマゾンの場合、基本【amazon.co.jp】です。

見たこともないドメインには要注意ですね。

※これは本物のamazon HELP
「Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について」↓

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_gt_aiwem_al_pc?nodeId=201909120

musicunlimited

-PC/ソフトウェア

Copyright© 半押しカメラマン , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.