PC/ソフトウェア

リンクローカルアドレス

投稿日:2009年5月13日 更新日:

「このパソコン壊れてるんですわ。」
「メモリーが少ないからだめなんやろか」
「LANボードがおかしいみたい…」

そんなことを言いながら時々やってくるおじさんは要領を得ない話し方なので、彼の言わんとしている事を理解するのに小一時間掛かってしまうことがある。

話し出すと、とにかく脱線しまくる人なのです。
なんていうか、メモリーの話をしていたかと思うと、何時の間にやら子供の大好物の話から総理大臣の話まで勝手に跳んでいっちゃう人なんです。

そりゃもう大変(→o←)ゞ

パソコンはNECの結構古い型のノートPC。
バタバタと診断したので、キャプチャ画像も型番も控えてないけど、CPUはとりあえず1GHz以上あったはずで、メモリーは今時の128MBです。
OSはWINDOWS XP SP2。

XPのSP2があたっていて128MBは確かに少ないとは思うけど、彼の壊れていると言われる現象とは関係なさそうです。

要するにインターネットエクスプローラーがエラーページを吐いてしまうことを、壊れてるとおっしゃってるようです。

彼の言葉を自分なりに組み立てていくと、とある業者にそのパソコンを修理に出して帰ってきたけど、インターネットが出来ないのでLANボードが壊れてるんではないかと言うわけです。

???ところで何を直してもらったの?
って、聞きたかったけどその回答にもう小一時間掛けるのは面倒なのであまり突っ込まないでおく。

相当古いPCなのにSP2があたっているって事は、システムのリカバリでもしてもらったのかな。

それにしてもこの方は家にインターネット回線はまだ繋がってないはず、なのに何故にインターネットが出来ないことを訴えてくるのか…。
まあまあこの件についても突っ込まないことにしよう。

どれどれ、どんな感じ…。

うん、確かにここのLANケーブルに繋いでもIEは「表示できません」ときた。

タスクのローカルエリアのアイコンにはビックリマークが付いて「接続状態が限定または接続なし」とのポップアップが現れてる。

ああ、これ時々見るんだよね。

  • DHCPの不具合
  • LANホードの不具合
  • LANボードのドライバーの不具合
  • 単純にLANケーブルの外れ、接触不良
  • アプリケーション等による通信の遮断

等々。

まず、DHCP(IP自動取得)はここのシステムなので問題ないはず。
TCP/IPのプロパティを確認するも自動取得になってます。
LANボードの不具合、もしくはドライバーの不具合としたらデバマネになにかヒントがあるはずですが、ネットワークカードは問題なく認識してます。
ケーブルの接触不良も見受けられません。

あとはアプリケーションによる通信の遮断が一番怪しいわけですね。

こんな時はまずコマンドで”IPCONFIG”を試してみます。
ローカルエリア接続のプロパティからネットワーク接続の詳細を見る方法もあります。

しかしそこには予想に反して見慣れぬIPアドレスが…?
というか今までにも何度か見たことあるぞこのアドレス。

本来ここのネットワークに割り当てられるべきアドレスは”192.168.X.X”のはずなのに、”169.254.X.X”になっちゃってます。

そうそう、このアドレスはDHCPが見当たらない場合などに、システムのAPIPA(Automatic Private IP Addressing)という機能が自動的に割り当てるらしく、LINKLOCAL Address(リンクローカルアドレス)と言われます。

今までの経験上、ハードのシステムが正常なのにこのアドレスが割り振られたときは、大抵無線接続の失敗かファイヤーウォールが絡んでたことが多いですね。

先ほどからモワモワと更新しなさい的なウインドウを立ち上げてる、ウイルスセキュリティの設定画面を開くとやはりファイヤーウォールの設定がありました。
そうか、これウイルスガードだけではなく統合セキュリティソフトなんですね。

一時的にこのファイヤーウォール機能を停止して、改めて”IPCONFIG”を試してみると、予想通り本来のネットワークIPが割り振られました。

Windowsのファイヤーウォールもオンになっているため、競合してるんじゃないでしょうかね。

セキュリティソフトにファイヤーウォール機能がある場合、そのセキュリティソフトを優先してウインドウズのそれは切りましょう的な話はよく目にします。

セキュリティソフトをインストールする段階で、大抵「ウインドウズのファイヤーウォールを切ってください」と言う指示が出たはずだけど。

おそらく、おそらくだけど、ウイルスセキュリティが入った状態でXPのSP2を入れられたんじゃなかろうかと推測します。

ウインドウズのインストール手順って結構重要で【ドライバーをインストールする順番】にもあるように、この最後のデバイスドライバーを構築してから初めてアプリケーションのインストールに入れるわけで、ここがテレコになっちゃうと案外予期せぬ不具合に出くわしたりするんです。

まあ、とりあえず原因もわかったし、オッチャンの心配していたLANボードも潰れてなかったわけだし、原因と対策を伝えて終わり。

ごめんなさい、オッチャン、私には時間が…

自分の恩師の話をし出したオッチャンを丁寧にお見送りしておきました。

でも、よくよく考えてみると家のVISTAはNorton360が入ってるのに、ウインドウズのファイヤーウォールを解除した覚えが無いぞ…

…謎。

 

musicunlimited

-PC/ソフトウェア

Copyright© 半押しカメラマン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.