PC/ハードウェア

Windows 7のスリープ問題

投稿日:2014年11月9日 更新日:

今までWindows 7を使用していて全く気付かなかったのですが、今度の新システムになってから何故かシステムがスリープに入ってもすぐに復帰してしまうようになりました。

スリープはほとんど使わないので特に気にしてなかったのですが、イベントビューアーの情報から別の項目について検索していると、大変ありがたいホームページに出会いました。

動画エンコとフリーソフト ぼくんちのTV 別館

本館はこちらにあります→ぼくんちのTV Homeページ

この別館サイトに「Windows7スリープに入ってもすぐに復帰する場合のチェックポイント」という記事を見つけました。

同件のチェックポイントとして三つ書かれてます。

  • USB機器のトラブル
  • LAN機器のトラブル
  • マウス・キーボードのトラブル

はい、この中でも真っ先に心当たりがあるのはやはりUSBです。

今ではUSB機器は極力つながないという理念でいますが、どうしても必要にして最小限はつなぎます。

バックパネルのUSB端子にはDTMに不可欠なTASCAMのUS-144MKIIとKORGのキーボードがぶっ刺さっております。

そしてロジクールのUnifyingレシーバー、これなんかはものすごく怪しげな要因を放っておりますが、このレシーバー無くしてPCは触れません。

そして特に不具合に会う確率が高いのがUSBハブ。

しかし、USB端子にハブはつないでいません。

がしかし、よくよく考えてみると、マザーボードのUSB2.0のコネクターにケース全面のUSB端子x2に、3.5インチマルチカードリーダーも同列コネクターにつないでいます。

なのでシステムに支障のないこのコネクター外しから試してみます。

rp_sleep_usbhub_c68abe5ac6a449bba5a410.jpg

 

PCの電源を外してマザーからこの二つの端子を外して1分ほど放置。

コネクターは外したまま電源をつないでPCを起動してみます。

そしてスタンバイモードに入ってみます。

キーボード・マウスに触れずに待ってると、ものの数秒で何らかのタイミングで復帰してしまいます。

うん、直ってない。

何か復帰するための信号を感知しているのは間違いなさそうなので、上記サイトでも言われている通り、イベントビューアーを探ってみます。

すると原因がわかりました。

sleep_lan

 

イベントとしてはエラーでも警告でもなくただの情報なので見つけにくいのですが、電源関係だからソースに”Powerなんちゃら”っていうのをチェックするとありました。

システムはスリープ状態から再開しました。
スリープ時刻: ?2014?-?11?-?09T03:26:05.465633400Z
スリープ解除時刻: ?2014?-?11?-?09T03:26:23.084033400Z
スリープ解除の原因: デバイス -Intel(R) Ethernet Connection (2) I218-V

私の場合もどうもLAN関係のようです。

オンボードデバイスの”Intel(R) I218V”が何らかのパケットを受けてスタンバイから復帰するものだと推測します。

オンボードなので外すこともできないし、上記サイトではバイオスでオンボードLANをディスっても駄目だったと書かれてます。

じゃあ、どうすれば?

あ、じゃあこうしよう。

”デバイスマネージャー”から”ネットワークアダプター”の”Intel(R) Ethernet Connection (2) I218-V”のプロパティを開いて、電源の管理を見てみます。

今までRealtekのアダプターばかりだったので、改めてインテルのアダプターの分かりやすさにちと感動(*^_^*)

lan_power

□Wake On Pattern Match
このデバイスが特定のパターンを持つパケットを検出したときに、コンピューターをスタンバイモードまたは休止状態からウェイクアップさせます。…

そこに、なんかそれらしき項目があるのでこのチェックを外してみます。

そして電源を切りコンセントも外して、改めてマザーのUSBコネクターにケース端子とカードリーダー端子をつないでPCを起動します。

さて、どうよ?

やったぁ、スタンバイ即復帰現象が直ってます。

よかつた。

ちなみにスタンバイからは今回マウスで復帰したので、一応イベントビューアーをのぞいてみると。

システムはスリープ状態から再開しました。
スリープ時刻: ?2014?-?11?-?09T03:39:23.414152200Z
スリープ解除時刻: ?2014?-?11?-?09T03:41:16.144036800Z
スリープ解除の原因: デバイス -インテル(R) USB 3.0 eXtensible ホスト・コントローラー

この場合、マウスのUnifyingレシーバーがバックパネルのUSB 3.0端子に刺してあるのでスリープ解除の原因は”USB 3.0 eXtensible ホスト・コントローラー”ということになるんですね。

もし原因がこれならばオーディオインターフェイス、MIDIキーボードを含めロジクール関係もすべて疑うことになり大変なことになってたろうと思います。

いやぁ改めて上記のようなサイトはほんとにありがたいと思います。

しかも私にとって興味のある内容が目白押しです。

これはありがたくお気に入り登録ですね!

 

musicunlimited

-PC/ハードウェア

Copyright© 半押しカメラマン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.