カメラ機材 動画編集

滝の映像でスロー再生

投稿日:

GoPro HERO5にはビデオモードが4K【3840 x 2160】から480P【848 x 480】まであります。

ビデオモード:設定

ビデオ解像度 FPS(NTSC/PAL) 視野角 画面解像度 アスペクト比
4K 30/25 広角 3840x2160 16:9
4K 24/24 広角、SuperView 3840x2160 16:9
2.7K 60/50
48/48
24/24
広角、中間、魚眼無効 2704x1520 16:9
2.7K 30/25 SuperView、広角、
中間、魚眼無効
2704x1520 16:9
2.7K 4:3 30/25 広角 2704x2028 4:3
1440P 80/80
60/50
48/48
30/25
24/24
広角 1920x1440 4:3
1080P 120/120 広角、狭角 1920x1080 16:9
1080P 90/90 広角 1920x1080 16:9
1080P 80/80 SuperView 1920x1080 16:9
1080P 60/50
48/48
30/25
24/24
SuperView、広角、
中間、魚眼無効、
狭角
1920x1080 16:9
960P 120/120
60/50
広角 1280x960 4:3
720P 240/240 狭角 1280x720 16:9
720P 120/120
60/50
SuperView、広角、
中間、狭角
1280x720 16:9
720P 100/100 SuperView 1280x720 16:9
720P 30/25 広角、中間、狭 1280x720 16:9
 480P  240/240 広角 848x480 16:9

設定はこのように事細かくありますが、普段は1080P/60fpsをメインに使うと思います。

しかし今回はこの中で、

  • 4K/30fps【3840x2160】
  • 1080P/120fps【1920x1080】
  • 720P/240fps【1280x720】

という3種類の設定で撮ってきた動画を使ってスロー再生やクローズアップした時の解像度などをテストしてみたいと思います。

さすがに720Pともなると画像の粗さは避けられませんが、スロー再生を楽しむならばこれがベスト。

4Kで撮った動画はやはり繊細できれいな映像です。

けれど今、編集に使っているEDIUS Neo3のプロジェクトは1080iもしくは1080Pまでしかなく、4Kファイルを編集には使えても最終的には【1920 x 1080】でエクスポートすることになるので、本当の繊細さはその4K動画を直接4K対応のシステムかテレビで再生して確認するしか方法がありません、今の所。

望遠機能のないGoProなので、EDIUS上で4K動画の映像をクローズアップしたりできるのでそれはそれでいいかも。

まあ、今回のテストはそんな感じです。

See You!

 

musicunlimited

-カメラ機材, 動画編集
-, ,

Copyright© 半押しカメラマン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.