スタートレック 映画

X-MEN ZERO ウルヴァリン

投稿日:2010年2月17日 更新日:

rp_xmenzero.png

天気が悪いと仕事がはかどらない…いや、やる気がないペタゴンです。

先日コンビニでふと目についたDVD ”X-MEN ZERO ウルヴァリン”。
なんとなく衝動買いしちゃいました。

はじめて見た感想…

やっぱ面白いわ、このシリーズ。

まあ、原作は全く知りません。

このシリーズを観るきっかけとなったのもキャストに”パトリック・スチュアート”がいたからというだけです。
しかし、思いのほか内容の面白さにハマってしまいました。
そもそもこういうヒーロー物にハマりやすい性格なんでしょうね。

X-MEN
X-MEN 2
X-MEN ファイナルディシジョン

と、三作まで続きものでした。

今回のは”X-MEN ZERO”

第一作目のX-MENに至るまでの過去の話にさかのぼります。

主人公ローガンが常に思い続けていた消された自分の過去。
それが第四作目で明らかになるわけです。

X-MENから数年前の話になるわけだし、当然役者さんたちはみな年をとってるにもかかわらず、主人公のローガンもアノ人もまったく違和感なく演じられてるのがすごい。

メイキングを見ると、結構アナログな特殊撮影を多用しているのには感心します。

CGで美しくスマートに仕上げるのもいいけど、やっぱ本物の臨場感にはかなわないですね。

うーん、これが映画の醍醐味ですよね。

musicunlimited

-スタートレック, 映画
-,

Copyright© 半押しカメラマン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.